2014年03月11日

ホビット 竜に奪われた王国 ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で公開の
『ホビット 竜に奪われた王国』をご紹介します。


監督    ピーター・ジャクソン

出演    イアン・マッケラン
       マーティン・フリーマン
       リチャード・アーミティッジ



「ストーリー」

魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)ら13人のドワーフたちとともに、巨大な竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたドワーフの王国エレボールを取り戻す旅に出たホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)。臆病だったビルボは、旅を通じて自分にも知恵や勇気があることに気付き、ドワーフたちと固い絆で結ばれていった。獰猛で巨大なクモの群れの襲撃、ドワーフたちと因縁のある森のエルフとの遭遇、急流を下りながらのオークとの死闘など、旅路は困難を極めた。それでも彼らは目的を果たすため、恐ろしいスマウグがいるはなれ山の荒れ地を目指す……。


上映時間: 13:40〜  19:45〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F、新館5F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/


銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 17:18| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

キック・アス ジャスティス・フォーエバー ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「TOHOシネマズ 有楽座」で2月22日公開の
『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』をご紹介します。


監督    ジェフ・ワドロウ

出演    アーロン・テイラー=ジョンソン
       クリストファー・ミンツ=プラッセ
       クロエ・グレース・モレッツ


「ストーリー」

デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はキック・アスというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡な学園生活を送っていた。しかし、卒業を間近に控え、将来の夢を見つけることができずにいた彼は、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、街の平和を守ろうと決意する。そんな中、キック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)と出会ったデイヴは、ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。だが、キック・アスに殺された父親の復讐を果たすため、レッド・ミストがマザー・ファッカー(クリストファー・ミンツ=プラッセ)と名を改め、悪党軍団を引き連れて姿を現す。目の前の悪は見逃せない、とさらなる鍛錬を積み、新たな正義を誓うキック・アス。一方、ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)は普通の女の子として生きていくため、ヒット・ガールを封印していた……。


上映時間: 11:15〜  13:45〜  16:15〜  18:45〜

葵美術からTOHOシネマズ 有楽座まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-2-3ニュートーキョービル3F

【TEL】  050-6868-5034

【HP】  http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/059/TNPI2000J01.do?frm=mw


銀座 葵美術





タグ:葵美術 銀座
posted by 株式会社葵美術 at 17:39| 株式会社葵美術・TOHOシネマズ有楽座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

大統領の執事の涙☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で1月11日公開の
『大統領の執事の涙』をご紹介します。


監督    リー・ダニエルズ

出演    フォレスト・ウィテカー
       オプラ・ウィンフリー
       ジョン・キューザック


「ストーリー」

黒人差別が日常で行われていた時代のアメリカ南部。幼いセシル・ゲインズは、両親と共に綿花畑で奴隷として働いていたが、ある事件で親を失いハウス・ニガー(家働きの奴隷)として雇われる事になる。その後、セシルは一人で生きていくために見習いからホテルのボーイとなり、遂には大統領の執事にスカウトされる。それ以来、セシル(フォレスト・ウィテカー)は、約30年間ホワイトハウスで過ごし、アイゼンハワー(ロビン・ウィリアムズ)、ケネディ(ジェームズ・マースデン)、ジョンソン(リーブ・シュレイバー)、ニクソン(ジョン・キューザック)、フォード、カーター、レーガン(アラン・リックマン)といった7人の大統領に仕え、キューバ危機やケネディ暗殺、ベトナム戦争など歴史が動く瞬間を見続けてきた。そんな時代の中でも、彼は黒人として、そして執事としての誇りを持ちながら忠実に働き続けるのだった。だが執事であると同時に、夫であり父であったセシルは、家族と共にその歴史に翻弄されていく。「世の中をよくするため、白人に仕えている」と語るセシルに妻グロリア(オプラ・ウィンフリー)は理解を示すが、長男のルイス(デヴィッド・オイェロウォ)は父の仕事を恥じ、国と戦うために反政府運動に身を投じる。一方、そんな兄とは逆に、国のために戦うことを選んだ次男のチャーリー(イライジャ・ケリー)は、ベトナムへと志願するのだった……。



上映時間: 10:40〜  13:25〜  16:10〜  18:50〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F、新館5F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.shochiku-eigakan.com/movie_house/index.htm?user_id=1






銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 14:45| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。