2013年12月17日

映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日、葵美術がおススメする作品は「ヒューマントラストシネマ有楽町」で上映中の
『映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』をご紹介します。


監督      岩崎知子

声の出演    ゾロリ 山寺宏一
         イシシ 愛河里花子
         ノシシ くまいもとこ


いたずらの王者を目指して世界中を旅するキツネのゾロリと子分のイノシシの双子イシシとノシシ。マスクをつけた正義の味方、怪傑ゾロをモチーフに、累計発行部数3500万部を超える、原ゆたかの人気絵本を原作にしたアニメの長編劇場版第2弾。台風で海に投げ出されてしまった恐竜の卵を取り戻すため、ゾロリたちが冒険を繰り広げる。


「ストーリー」

いたずらの王者を目指すゾロリ(声:山寺宏一)と彼の弟子イシシ(声:愛河里花子)とノシシ(声:くまいもとこ)は、ある日、友達である恐竜ママからたまごが生まれたとの知らせを受ける。たまごを見に一行は恐竜の暮らす伝説の島・おっとっ島へ向かうが、その夜、島を台風が襲い、大事なたまごが海へ投げ出されてしまう。ゾロリたちは危険を承知の上でたまごを取り戻しに荒波へ飛び込む……。


上映時間: 09:50〜  12:20〜  15:40〜

葵美術からヒューマントラストシネマ有楽町まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2丁目7番1号 有楽町イトシア イトシアプラザ4F 

【TEL】  03-6259-8608

【HP】  http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/



銀座 葵美術


posted by 株式会社葵美術 at 15:01| 株式会社葵美術・ヒューマントラストシネマ有楽町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

凶悪◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「ヒューマントラストシネマ有楽町」で上映中の
『凶悪』をご紹介します。


監督    白石和彌

出演    山田孝之
       ピエール瀧
       池脇千鶴



「ストーリー」

ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生”はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく……。


上映時間: 劇場問い合わせ

葵美術からヒューマントラストシネマ有楽町まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2丁目7番1号 有楽町イトシア イトシアプラザ4F

【TEL】  03-6259-8608

【HP】  http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/



銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 18:05| 株式会社葵美術・ヒューマントラストシネマ有楽町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

スーサイド・ショップ ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「ヒューマントラストシネマ有楽町」で上映中の
『スーサイド・ショップ』をご紹介します。


監督    ザック・スナイダー

出演    ヘンリー・カヴィル
       エイミー・アダムス
       マイケル・シャノン


「ストーリー」

絶望に覆われ灰色に染まった大都市。そこに住む人々は生きる意欲も希望も見出せず、次々と自殺をはかっていた。そこで唯一あたたかな灯をともし、繁盛していたのが10代続く老舗の“自殺用品専門店”。店を営むのは超ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家で、父のミシマと母のルクレスをはじめ、長女マリリン、長男ヴァンサンの全員がクスリとも笑ったことがない。店内は、首つりロープ、腹切りセット、毒リンゴ、様々な種類の毒薬などが所狭しに並んでおり、どんな自殺を希望している人でも必ず成功する商品を揃えていた。そんなある日、トゥヴァシュ一家に新しい家族が誕生する。しかし、その末っ子アランは、両親の必死の教育にもかかわらず、無邪気で健やかに明るく、超ポジティブ思考の少年に成長していく。やがてアランは“自殺用品専門店”の商品を次々と“自殺できない用品”に変えていってしまうのだった。店は経営危機に陥り、家族は頭を悩ますが、ヴァンサンとマリリンはアランの明るさと優しさに触れ、徐々に変化をみせていく。そして店にくる客も、ついにはミシマやルクレスまでも雰囲気が少しずつ変わり始めていた……。


上映時間: 12:00〜  13:45〜  15:30〜  19:30〜

葵美術からヒューマントラストシネマ有楽町まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2丁目7番1号 有楽町イトシア イトシアプラザ4F

【TEL】  03-6259-8608

【HP】  http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/



銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 14:26| 株式会社葵美術・ヒューマントラストシネマ有楽町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。