2012年08月21日

桐島、部活やめるってよ ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ルーブル」で上映中の
『桐島、部活やめるってよ』をご紹介します。




監督    吉田大八

出演    神木隆之介
       橋本愛
       大後寿々花





「ストリー」

いつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろんありとあらゆる生徒に波紋が広がっていく。人間関係が静かに変化し徐々に緊張感が高まっていく中、桐島とは一番遠い存在だった映画部の前田(神木隆之介)が動き出す……。




上映時間:11:40〜 14:00〜 16:20〜 18:40〜


株式会社葵美術からTOHOシネマズ 日劇まで
徒歩15分です。


【丸の内ルーブル】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン新館7F

【TEL】 03-3214-7761

【HP】 http://www.tokyucinemas.net/



桐島、部活やめるってよ - goo 映画
桐島、部活やめるってよ - goo 映画





(c)株式会社葵美術

ラベル:葵美術 映画 銀座
posted by 株式会社葵美術 at 13:44| 株式会社葵美術・丸の内ルーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

ダーク・シャドウ☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ルーブル」で上映中の
『ダーク・シャドウ』をご紹介します。



監督    ティム・バートン

出演    ジョニー・デップ
       エヴァ・グリーン
       ミシェル・ファイファー



  

「ストリー」

1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。20年後、バーナバス(ジョニー・デップ)は、コリンズポートの町で、コリンウッド荘園の所有者となっていた。裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)を失恋させるが、実は魔女であったアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだ。それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった彼の土地はすっかり朽ち果て、さらにコリンズ家の末裔は土地同様に落ちぶれ、それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)は一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)を呼び入れる。ここには他に、エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)、エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、そしてロジャーの息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)がいた。家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、世話人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)や、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)にも降りかかる。そんな中、バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すのだが……。






上映時間:11:30〜 14:00〜 16:30〜 19:00〜


株式会社葵美術から丸の内ルーブルまで
徒歩15分です。


【丸の内ルーブル】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン新館7F

【TEL】 03-3214-7761



ダーク・シャドウ - goo 映画
ダーク・シャドウ - goo 映画




(c)株式会社葵美術




ラベル:映画 葵美術 銀座
posted by 株式会社葵美術 at 14:14| 株式会社葵美術・丸の内ルーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

ももへの手紙☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ルーブル」で上映中の
『ももへの手紙』をご紹介します。



監督    沖浦啓之

出演    美山加恋 (宮浦もも)
       優香 (宮浦いく子)
       西田敏行 (イワ)
       山寺宏一 (カワ)
       チョー (マメ)


  

「ストリー」

“ももへ”とだけ書かれた手紙を遺し、11歳の宮浦もも(声:美山加恋)の父は天国に旅立ってしまった。「ほんとうはなんて書きたかったの?」と心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を亡くしたももは、その想いを抱えたまま、母いく子(声:優香)と瀬戸内の汐島に移り住む。慣れない生活に戸惑うももだったが、ある日、不思議な妖怪“見守り組”のイワ(声:西田敏行)、カワ(声:山寺宏一)、マメ(声:チョー)と出会う。食いしん坊でわがまま、しかし愛嬌たっぷりの彼らには、実は大切な使命があった……。そんな中、いく子はもものために明るく振舞いながら過ごしていたが、ちょっとのすれ違いからももとケンカをしてしまい、さらにいく子は病に倒れてしまう。母が自分のために無理をしていたこと、母の想いに気づいたももは、“大切な想いを伝える”奇跡を起こしていく……。





上映時間:11:00〜 13:30〜 16:00〜 18:30〜


株式会社葵美術から丸の内ルーブルまで
徒歩15分です。


【丸の内ルーブル】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン新館7F

【TEL】 03-3214-7761



ももへの手紙 - goo 映画
ももへの手紙 - goo 映画





(c)株式会社葵美術




ラベル:銀座 映画 葵美術
posted by 株式会社葵美術 at 16:56| 株式会社葵美術・丸の内ルーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。