2014年02月18日

大統領の執事の涙☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で1月11日公開の
『大統領の執事の涙』をご紹介します。


監督    リー・ダニエルズ

出演    フォレスト・ウィテカー
       オプラ・ウィンフリー
       ジョン・キューザック


「ストーリー」

黒人差別が日常で行われていた時代のアメリカ南部。幼いセシル・ゲインズは、両親と共に綿花畑で奴隷として働いていたが、ある事件で親を失いハウス・ニガー(家働きの奴隷)として雇われる事になる。その後、セシルは一人で生きていくために見習いからホテルのボーイとなり、遂には大統領の執事にスカウトされる。それ以来、セシル(フォレスト・ウィテカー)は、約30年間ホワイトハウスで過ごし、アイゼンハワー(ロビン・ウィリアムズ)、ケネディ(ジェームズ・マースデン)、ジョンソン(リーブ・シュレイバー)、ニクソン(ジョン・キューザック)、フォード、カーター、レーガン(アラン・リックマン)といった7人の大統領に仕え、キューバ危機やケネディ暗殺、ベトナム戦争など歴史が動く瞬間を見続けてきた。そんな時代の中でも、彼は黒人として、そして執事としての誇りを持ちながら忠実に働き続けるのだった。だが執事であると同時に、夫であり父であったセシルは、家族と共にその歴史に翻弄されていく。「世の中をよくするため、白人に仕えている」と語るセシルに妻グロリア(オプラ・ウィンフリー)は理解を示すが、長男のルイス(デヴィッド・オイェロウォ)は父の仕事を恥じ、国と戦うために反政府運動に身を投じる。一方、そんな兄とは逆に、国のために戦うことを選んだ次男のチャーリー(イライジャ・ケリー)は、ベトナムへと志願するのだった……。



上映時間: 10:40〜  13:25〜  16:10〜  18:50〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F、新館5F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.shochiku-eigakan.com/movie_house/index.htm?user_id=1






銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 14:45| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える【株式会社葵美術】

こんにちは株式会社葵美術です。

今日は「丸の内ピカデリー3」で上映中の
『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』をご紹介します。



出演   ブラッドリー・クーパー (Phil)
  エド・ヘルムズ (Stu)
   ザック・ガリフィアナキス (Alan)
   ケン・チョン (Mr. Chow)
   ジェフリー・タンバー (Sid Garner)

 
   

「ストリー」

フィル(ブラッドリー・クーパー)、スチュ(エド・ヘルムス)、アラン(ザック・ガリフィアナキス)、ダグ(ジャスティン・バーサ)の4人は、スチュの結婚式に出席するためエキゾチックな国、タイに向かう。ラスベガスでの忘れ難い悪夢のようなバチェラー・パーティーを経験したスチュは、トラブルを回避するために、結婚式前には控え目で慎ましいブランチを計画していた。しかし……。必ずしも物事が計画通りに進まないのが世の常。気が付けば翌朝。4人が二日酔いで目を覚ますと、部屋はメチャクチャ。式を控えた新郎の顔にはタトゥー、花嫁の弟は姿を消し、その代わりにベストを着たサルがいた……。前夜の記憶だけでなく、髪もパンツも無い。それでも、明日の結婚式は刻一刻と迫ってくる。あちこちに散らばった数々の手がかりを頼りに、彼らは失われた記憶と花嫁の弟を取り戻すことができるのか……?





上映時間:10:50〜 13:00〜 15:10〜 17:20〜 19:30〜


株式会社葵美術から丸の内ピカデリー3まで
徒歩15分です。


【有楽町スバル座】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン新館5F

【TEL】 03-3201-2881

【公式サイト】 http://www.shochiku.co.jp/cinema/theaters/



ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える - goo 映画


(c)株式会社葵美術

















posted by 株式会社葵美術 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

株式会社葵美術〜インシテミル 7日間のデス・ゲーム〜

こんにちは株式会社葵美術です。

今日は「丸の内ピカデリー3」で上映中の
『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』をご紹介します。


出演: 藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、武田真治
    平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也



フリーターの理久彦は、謎の美女・祥子に紹介された時給11万2000円のアルバイトに参加する。その内容は、暗鬼館という場所で、男女10人が7日間暮らすという心理実験らしい。理久彦が与えられた部屋に入ると、そこには謎の箱があった。その中には火かき棒が入っている。これは武器なのか…? 鬼館のルールでは、誰かが“探偵”になり“犯人”を決めなくてはならないという…。



上映時間:10:30〜 12:45〜 15:00〜 17:15〜 19:30〜


株式会社葵美術から丸の内ピカデリー3まで徒歩15分です。


【住所】 東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン新館5F

【TEL】 03-3201-2881

【公式HP】 http://www.shochiku.co.jp/cinema/theaters/



(c)株式会社葵美術



posted by 株式会社葵美術 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。