2014年04月01日

白ゆき姫殺人事件 ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で公開の
『白ゆき姫殺人事件』をご紹介します。


監督    中村義洋

出演    井上真央
       綾野剛
       菜々緒


「ストーリー」

日の出化粧品の美人社員・三木典子(菜々緒)が殺害された。典子と同期入社をした地味な女性・城野美姫(井上真央)に疑惑の目が向けられ、美姫の同僚やかつての同級生、家族らワイドショーの取材を受けた関係者は彼女について衝撃的なことを語る。やがて報道やインターネットで過熱気味に取り上げられ、噂が一人歩きしていく……。



上映時間: 10:30〜  13:15〜  16:00〜  19:15〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F、新館5F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/


銀座 葵美術







ラベル:銀座 葵美術
posted by 株式会社葵美術 at 17:39| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

ホビット 竜に奪われた王国 ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で公開の
『ホビット 竜に奪われた王国』をご紹介します。


監督    ピーター・ジャクソン

出演    イアン・マッケラン
       マーティン・フリーマン
       リチャード・アーミティッジ



「ストーリー」

魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)ら13人のドワーフたちとともに、巨大な竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたドワーフの王国エレボールを取り戻す旅に出たホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)。臆病だったビルボは、旅を通じて自分にも知恵や勇気があることに気付き、ドワーフたちと固い絆で結ばれていった。獰猛で巨大なクモの群れの襲撃、ドワーフたちと因縁のある森のエルフとの遭遇、急流を下りながらのオークとの死闘など、旅路は困難を極めた。それでも彼らは目的を果たすため、恐ろしいスマウグがいるはなれ山の荒れ地を目指す……。


上映時間: 13:40〜  19:45〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F、新館5F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/


銀座 葵美術





ラベル:映画 銀座 葵美術
posted by 株式会社葵美術 at 17:18| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

ジャッジ! 審査員を審査する☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で1月11日公開の
『ジャッジ! 審査員を審査する』をご紹介します。


監督    永井聡

出演    妻夫木聡
       北川景子
       リリー・フランキー


「ストーリー」

テレビCMの世界一を決めるサンタモニカ国際広告祭。落ちこぼれの広告マン、太田喜一郎(妻夫木聡)は、社内一のクセモノ上司、大滝一郎(豊川悦司)に押し付けられ、広告祭の審査員として参加することになる。太田は毎夜開かれるパーティーに同伴者が必要と知り、仕事はできるがギャンブル好きの同僚、太田ひかり(北川景子)に同行を懇願する。ひかりは嫌々ながら“偽の妻”として、太田と一緒に広告祭へ行くことに。戸惑う太田は、なぜか審査会に詳しい窓際族の鏡さん(リリー・フランキー)から、怪しげな特訓を受ける。世界各国の代表が集う華やかな審査会が開幕するが、ちくわのCMで賞を獲らなければ、太田は会社をクビになってしまうという事実を知る。世界中のクセモノ揃いのクリエイターたちが駆け引きや小芝居に躍起になるなか、ライバル会社のエリートクリエイター、木沢はるか(鈴木京香)も参戦してくる。太田は持ち前のバカ正直さと、鏡さん直伝の数種類の英語を武器に奔走し、ひかりの助けを借りるうち2人の距離も近づいていき……。



上映時間: 劇場にお問い合わせください

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9F、新館5F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.shochiku-eigakan.com/movie_house/index.htm?user_id=1






銀座 葵美術





ラベル:銀座 映画 葵美術
posted by 株式会社葵美術 at 16:20| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。