2013年06月25日

アフター・アース◇アトリエ凛(凜)◇

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で上映中の
『アフター・アース』をご紹介します。



監督    M・ナイト・シャマラン

出演    ウィル・スミス
       ジェイデン・スミス
       イザベル・ファーマン




「ストーリー」

人類が地球を捨て去り、別の惑星に移住してから1000年後。伝説の兵士サイファ(ウィル・スミス)とその息子キタイ(ジェイデン・スミス)を乗せた宇宙船が帰還中、トラブルに巻き込まれてしまう。機体は大破し、緊急シグナル“トーチ”を載せた尾翼部が見知らぬ惑星に落下。それを追ってなんとかその惑星に機体を不時着させるが、生存者はサイファとキタイの二人だけであった。サイファは大怪我を負い、自分たちが住む星に帰るため、一人でトーチを探しに行こうとするキタイにサイファは言う。「ここは“最上級危険惑星”、人類が捨てた地球だ……」そこには人間の姿はどこにもなく、大自然だけが広がり、見たことのない様々な野生動物たちが生息していた。ずっと父親のような兵士になることだけを夢みていたキタイは、今、そのチャンスが巡ってきたのだと信じ、荒れ果てた土地に足を踏み入れる。だがそんなキタイの前に、人類抹消のために進化した惑星の予期せぬ危機が次から次へと襲い掛かるのだった……。


上映時間:10:30〜  12:40〜  15:00〜  17:20〜  19:30〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.shochiku-eigakan.com/guide/maru1.htm



銀座 葵美術







posted by 株式会社葵美術 at 13:38| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

ファインド・アウト☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「ヒューマントラストシネマ有楽町」で上映中の
『ファインド・アウト』をご紹介します。



監督    エイトール・ダーリア

出演    アマンダ・サイフリッド
       ジェニファー・カーペンター
       ダニエル・サニャータ




「ストーリー」

一年前、ジル(アマンダ・セイフライド)は何者かにより拉致・監禁されたと周囲に訴えるが、証拠が一つも出てこなかったため、彼女が抱える心の病による虚言症として片づけられてしまう。ある日、今度はジルの妹モリー(エミリー・ウィッカーシャム)が失踪。自分のときと同様に拉致されたと確信したジルは、姿なき犯人について警察に直訴するが、まともに取り合ってくれない。ジルは誰からの助けも得られないまま、決死の覚悟でモリーの捜索に乗り出す。その捜索の先には、恐るべき真相が待ち受けていた……。




上映時間:12:00〜  21:05〜


葵美術からヒューマントラストシネマ有楽町まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア・イトシアプラザ4F

【TEL】  03-6259-8608

【HP】  http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/



銀座 葵美術







posted by 株式会社葵美術 at 13:28| 株式会社葵美術・ヒューマントラストシネマ有楽町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

華麗なるギャツビー ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「丸の内ピカデリー」で6月14日公開の
『華麗なるギャツビー』をご紹介します。



監督    バズ・ラーマン

出演    レオナルド・ディカプリオ
       トビー・マグワイア
       キャリー・マリガン




「ストーリー」

1920年代。ジャズと禁酒法の時代。アメリカン・ドリームを追い求め、故郷の中西部からニューヨークへとやって来た作家志望のニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、宮殿のような豪邸で毎夜豪華絢爛なパーティーを開く謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の隣に居を構える。港を隔てた向こう岸には、いとこのデイジー(キャリー・マリガン)とその夫で女好きのトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)が住む邸宅があった。そんなある日、ニックはギャツビーから彼の生い立ちを打ち明けられる。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った後、戦争で数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身だという。だがそんな出来すぎた話に、ニックは「ギャツビーは何かを隠している」と直感する。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そしてデイジーとの禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていくのだった……。





上映時間: 10:00〜 13:00〜 14:20〜 19:15〜

葵美術から丸の内ピカデリーまで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F

【TEL】  03-3201-2881

【HP】  http://www.shochiku-eigakan.com/movie_house/index.htm?user_id=1




銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 13:37| 株式会社葵美術・丸の内ピカデリー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。