2013年03月12日

遺体 〜明日への十日間〜◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「有楽町スバル座」で上映中の
『遺体 〜明日への十日間〜』をご紹介します。



監督    君塚良一

出演    西田敏行 (相葉常夫)
       緒形直人 (土門健一)
       勝地涼 (及川裕太)
       國村隼 (芝田慈人)
       酒井若菜 (大下孝江)
       佐藤浩市 (下泉道夫)
       佐野史郎 (山口武司)
       沢村一樹 (松田信次)
       志田未来 (照井優子)
       筒井道隆 (平賀大輔)
       柳葉敏郎 (正木明)




「ストーリー」

2011年3月11日、日本観測史上最大の地震により発生した津波が岩手県釜石市を襲った。一夜明けても混乱状態が続く中、廃校となった旧釜石第二中学校の体育館が遺体安置所として使われることになるが、次から次へと運ばれてくる遺体に警察関係者や市の職員も戸惑いを隠せない。釜石市職員の松田信次(沢村一樹)は次第に言葉を失い、葬儀社に勤める土門健一(緒形直人)も経験したことがない犠牲者の数にただ立ち尽くすしかなかった。一方、医師の下泉道夫(佐藤浩市)や歯科医師の正木明(柳葉敏郎)、歯科助手の大下孝江(酒井若菜)らは、いつ終わるのかもわからない検案や検歯の作業に取り組んでいく。そんな中、地区の民生委員として働く相葉常夫(西田敏行)が遺体安置所を訪れる。定年前は、葬祭関連の仕事に就いていた相葉は遺体の扱いにも慣れ、遺族の気持ちや接し方も理解していた。混乱した安置所の様子に驚愕した相葉は安置所の世話役として働かせてもらえるよう旧知だった市長の山口武司(佐野史郎)に嘆願、ボランティアとして働くことになる。運び込まれてくる遺体ひとりひとりに生前と変わらぬような口調で優しく語りかけていく相葉。それまでは遺体を“死体”としてしか見られず、ただ遺体を眺めることしかできなかった釜石市職員・平賀大輔(筒井道隆)や及川裕太(勝地涼)たちも率先して動くようになっていく。照井優子(志田未来)も複雑な気持ちを乗り越え、安置所に祭壇をつくろうと提案、地元の住職・芝田慈人(國村隼)も駆けつけ供養をすることになった。震災から10日目。残された人々は今自分が出来ることをやり遂げ、一人でも多くの遺体を家族の元に帰すことだけを考えていた……。




上映時間:11:30〜 13:50〜 16:10〜 18:30〜


葵美術から有楽町スバル座まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル

【TEL】  03-3212-2826

【HP】  http://subaru-kougyou.jp/movies/




遺体 〜明日への十日間〜 - goo 映画
遺体 〜明日への十日間〜 - goo 映画





銀座 葵美術




posted by 株式会社葵美術 at 15:41| 株式会社葵美術・有楽町スバル座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。