2013年01月15日

髑髏城の七人★葵美術★

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「ヒューマントラストシネマ有楽町」で上映中の
『髑髏城の七人』をご紹介します。




出演    小栗旬
       森山未來
       早乙女太一






「ストーリー」

時は戦国。織田信長亡き後、天魔王率いる関東髑髏党が、関東一帯へと覇権を広げていた。ある村を襲っていた髑髏党と、侍の兵庫率いる関八洲荒武者隊が戦っていた時、無宿者の捨之介が現れる。捨之介の助けで髑髏党を蹴散らした兵庫は、捨之介を“救いの里”と呼ばれる色里・無界の里へ案内。そこには遊女・極楽大夫や髑髏党に追われる沙霧たちが暮らしていた。実は無界の里の主・無界屋蘭兵衛と捨之介、天魔王には浅からぬ因縁が…。



上映時間:12:05〜 13:20〜 15:45〜 19:25〜



葵美術からTOHOヒューマントラストシネマ有楽町まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシア・イトシアプラザ4F

【TEL】  03-6259-8608

【HP】  http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/




髑髏城の七人 - goo 映画
髑髏城の七人 - goo 映画






銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 15:55| 株式会社葵美術・ヒューマントラストシネマ有楽町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

映画 妖怪人間ベム ◆葵美術◆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「TOHOシネマズ 日劇」で上映中の
『映画 妖怪人間ベム』をご紹介します。




監督    狩山俊輔

出演    亀梨和也
       杏
       鈴木福





「ストーリー」

暗く、音のない世界で1つの細胞から生まれた3つの生き物。それは、人間になれなかった妖怪人間、ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)だった。醜い身体に正義の心を持つ彼らは、“名前のない男”(柄本明)との最後の戦いで、人間になることよりも“人間を守って生きていく”事を選び、友人の夏目刑事(北村一輝)たちの前から姿を消した。そして……。3人が辿り着いた街で、怪事件が連続して発生する。被害者は全て大手製薬会社、MPL製薬の社員。事件現場には巨大な爪跡が残されていた。犯人の正体と、その目的は何か……?事件の謎を追うベムの前に、倒したはずの“名前のない男”が再び姿を現す。その一方、ベロは街で出会った少女、みちる(畠山彩奈)に恋をする。しかし、みちるはMPL製薬の新薬開発研究者、上野達彦(筒井道隆)の娘で、母親は自動車事故で行方不明になっていた。人間になって恋を叶えたいと願うベロ。上野家に隠された大きな秘密を知らずに……。やがて、彼らの目の前に未知の生物が出現する。植物を媒介に妖怪化したサユリ。その正体はみちるの母、上野小百合(観月ありさ)の変わり果てた姿だった。サユリは、人間でありながら妖怪の能力を宿す“人間妖怪”とでも呼ぶべき存在になっていたのだ。彼女は、自分をこのような姿に変えた上に、家族を脅かすMPL製薬への怒りと憎しみから、その圧倒的な力による復讐を決意。しかし、力を使えば使うほど、そのパワーはサユリの体を蝕み、やがてコントロール不可能なまでに増幅されてゆく。ベムたちは、その巨大な力の暴走を食い止めることができるのか!?“枯れない葉”、“新薬開発”、“サユリの妖怪化”……。これらの出来事から、ベムたち3人は、自分たちが人間になれる唯一の方法が残されていることを知る。しかし、人間になれば妖怪の力を失ってしまう。それでも彼らは人間になることを選ぶのだろうか……!?



上映時間:9:30〜 12:15〜 15:00〜 18:20〜


葵美術からTOHOシネマズ 日劇まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F

【TEL】  03-3574-1131

【HP】  http://www.tohotheater.jp/





映画 妖怪人間ベム - goo 映画
映画 妖怪人間ベム - goo 映画





銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 13:35| 株式会社葵美術・TOHOシネマズ日劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

レ・ミゼラブル☆葵美術☆

こんにちは葵美術 銀座です。

今日は「TOHOシネマズ 日劇」で上映中の
『レ・ミゼラブル』をご紹介します。




監督    トム・フーパー

出演    ヒュー・ジャックマン
       ラッセル・クロウ
       アン・ハサウェイ




「ストーリー」

格差と貧困にあえぐ民衆が自由を求めて立ちあがろうとしていた19世紀のフランス。ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、パンを盗んだ罪で19年間投獄され、仮釈放されたものの生活に行き詰まり、再び盗みを働く。しかし、その罪を見逃し赦してくれた司教の慈悲に触れ、身も心も生まれ変わろうと決意。マドレーヌと名前を変え、工場主として成功を収め、市長の地位に上り詰めたバルジャンだったが、警官のジャベール(ラッセル・クロウ)は彼を執拗に追いかけてくるのだった。そんな中、以前バルジャンの工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、バルジャンは彼女の幼い娘コゼットの未来を託される。ところがある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになり、ジャベールの追跡をかわしてパリへ逃亡。コゼットに限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。だが、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発、バルジャンやコゼットも次第に激動の波に呑まれていく……。



上映時間:9:10〜 12:30〜 15:50〜 19:10〜



葵美術からTOHOシネマズ 日劇まで徒歩15分です。


【住所】  東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F

【TEL】  03-3574-1131

【HP】  http://www.tohotheater.jp/





レ・ミゼラブル - goo 映画
レ・ミゼラブル - goo 映画






銀座 葵美術





posted by 株式会社葵美術 at 17:20| 株式会社葵美術・TOHOシネマズ日劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。